R2

 

HOME»  ブログ記事一覧»  鬼ごっこ

鬼ごっこ

鬼ごっこ

今日は、月に一度の放課後デイサービスでのトレーニング指導

ダウン症など、様々な知的障害を持っている子供達、小学生から、中学生が、通ってくる。
いつも、何を指導したら良いのか非常に難しい。
様々なパターンの子供達が、一緒参加するので、非常に難しい。
非常に運動能力に優れている人、殆ど参加出来ない人、危険である行為自体わからない人、すぐに物を投げる人、高い所に登りたがる人、すぐに人を叩いたり、蹴ったりする人。
本当にいろんな子供達が一緒に活動して、様々な体験、経験をして、社会生活に慣れようと頑張っています。
今日は、あいにくの大雨で、いつもは、近所の公園に遊びに行かせるらしいのだが、今日は、外は無理。
私が、到着すると、先生から、子供達が外で遊べなくて、ストレス溜まっているので、何か鬼ごっこでもいいので、発散させてあげてもらいますか。
と、提案を受けました
1時間の担当のなかで、最初にストレッチ、体幹強化、全身運動を30分。
その後は、私も先生も参加しての鬼ごっこです。
久しぶりにしましたが、鬼ごっこというもの、トレーニングコーチとしても、非常にいい運動であると、改めて感じました。

 
素早いダッシュ。
ストップ。
方向転換。
フェイク。
強弱をつける手のタッチ。
持久力。
などなど。

 
子供達の頃にしておいてほしい動きが沢山入っています。
そして何より楽しい
そして全力で動かないと、鬼になってしまう
私も子供達も汗だくでした。
子供達も少しは、ストレス発散できたのではないでしょうか。
単なる遊びではなく、日頃の練習の1つとしても、大いに役立つプログラムであると感じました。

2018-05-14 19:37:17

  |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント